文字起こし(テープ起こし)

音声データをテキストデータにすることを「文字起こし」とか「テープ起こし」と言っています。

文字起こしには「ケバとり」、「素起こし」、「整文」といった方法があります。

「インタビューでつくる自分史」の文字起こしは、「ケバとり」をして「整文」したテキストデータです。

ケバとり

「えー」とか「そのー」といった話の内容に関係のない言葉(ケバ)や、明らかに言い間違えたり、つっかえたりしている箇所を削って文字を起こします。

文章を読みやすくするために、「インタビューでつくる自分史」の文字起こしは「ケバとり」を行っています。

素起こし

ケバや言い間違いも含めて、聞こえたままの文字をそのまま起こします。

読んだときに臨場感が出る、話し方の特徴や感情を見ることができる、といった特徴があります。

話している内容そのままを証拠として残したいとか、話し癖や会話の様子を知りたいというような場合に使われます。

整文

語尾を「です、ます調」や「である調」に揃えたり、言い回しや語順を変えたりして統一感のとれた文に整えます。

「インタビューでつくる自分史」の文字起こしは、話し手の雰囲気が伝わるように「整文」をします。

手持ちの録音や録画音声の文字起こし

思い出ばなしを録音してある方の文字起こし(テープ起こし)をお手伝いいたします。お気軽にお問い合わせください。

→ お問い合わせはこちら

会議、講演、研修などの録音や録画音声の文字起こし(テープ起こし)もお任せください。

  • クレドをつくりたい
  • マニュアルをつくりたい
  • HPや会社案内、社内報の原稿をつくりたい
  • 講演や執筆の原稿をつくりたい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

→ お問い合わせはこちら